年末に近づき、引越しも多くなる時期です。
なぜ引越しが増加するかというと、
・新築する
・建て替える
・マンションを購入
などされた方が、「新居で新しい年を迎えたい」と考えるためです。
(元引越し屋中村談)

引越し時の家具についてのお悩み

・新居の雰囲気と今ある家具が合わない。
・新居の間取りに家具等のサイズが合わない。
・新居に持っていきたいが、家もしくは部屋に入らない。
などなど、引越し時の家具について様々なお悩みを抱えられます。
また、引越しの機会に家具や家電を新しく購入される方もいらっしゃいます。


imtukuetana

不要家具の処分

そんな様々なお悩みに共通しておこなわなければならないことが、「不要な家具や家電の処分」です。
 

そこで、突然ですが中村のQ&Aコーナー!

 
「燃えるゴミで出せば大丈夫でしょ?」
いいえ。
大阪のほとんどの住居では、家具などの大きなゴミは粗大ごみとなりますので、大阪市の粗大ごみ収集センターに受付など特別な対応が必要です。
また、家電などはさらに難しく、家電の中でもリサイクル家電はリサイクル券を購入しメーカーに連絡・・・と、手間と時間と費用が非常にかかります。
 
「家具も家電も、リサイクルショップなどで買い取ってもらえるでしょ?」
買い取ってもらえる可能性もあります。
しかし、買取金額は大した額にはならない場合が多く(数百円など)、無料または有料引き取りになる場合もあります。
また、店頭に持ち込む手間も発生します。
 
「買取で出張してもらえないの?」
弊社をはじめ、多くの業者が出張買取可能です。
しかし、人件費などの作業費がかかりますので、『買取金額ー作業費=お客様ご負担料金』となり、料金を頂戴させて頂くこととなります。
 
「捨てるのにお金がいるの?」
必要です。
モノが安く買える代わりに、捨てる際にお金がかかる。現在はこれが主流です。
 
「お金がかかるなら、勿体無いから持って行こうかな・・・」
新居に持っていくのも良いと思います。
しかし、持っていくこととなると引越し屋さんの運搬料がかかります。
(右を向いても左を向いてもお金がかかる・・・辛い世の中ですねf^^))
また、そのように悩んでいると、整理と処分にどんどん時間がかかります。

引越し時の処分方法

では、いざ「処分しよう!」と決意した時に、知りたいのは状況に応じた処分方法ですね。
状況別にまとめましたので、ご覧ください。
 

状況1 手間がかかっても、とにかく安く済ませたい

そのような方は、大阪市の粗大ごみ収集センターに受付する方法や、自身で工場に持ち込む方法がオススメです。
が、他の方法に比べ低費用で家具を処分できます。
メリット
他の方法に比べ、費用が安く済む。
デメリット
手間と時間がかかってしまう。リサイクル家電など、引き取ってもらえない品目がある。
 →詳しくはこちらをご覧ください大阪で粗大ごみを処分する3つの方法
 
 

状況2 費用がかかっても、手間なく引越しと同時に済ませたい

お忙しい方には、引越し屋さんのお見積もり時にご相談することをオススメします。
メリット
引越しと同時に処分してもらえるので手間がかからない。
デメリット
他の方法に比べ、費用を多く負担しなければならない。
 
 

状況3 手間なく、費用も安く済ませたい

そこで、オススメしたい方法がズバリ不用品回収業者に依頼することです。
メリット
手間がかからず、引越し屋さんに不用品処分を依頼するより費用が安く済む。
デメリット
家具などは大阪市粗大ごみ収集センターに依頼する方が安い。

引越し前の片付けはおまかせリサイクル

araisagyoutyu
不用品は引越し前にご依頼いただければ、荷造りなど引越しにまつわる作業がスムーズになります。
おまかせリサイクルは、「安さ」「早さ」「丁寧さ」に自信があります。
『安さ』他社よりも1円でも安く!
『早さ』即日対応かつ作業時間が早い!
『丁寧さ』お客様対応、荷運びは経験豊富なスタッフにおまかせ!
引越し前の片付けは、ぜひお気軽におまかせリサイクルまでお問い合わせ下さい。