こんばんは。
おまかせリサイクルの中村です。

ブログを投稿し始めて、約1年が経ちました。
初めはとにかく完成させるのに必死でしたが、最近は文章を書く事に少し慣れてきたので、この勢いで携帯ではなくパソコンでチャレンジしてみようかなと思ってきました。
と言っても、今までパソコンを購入した事が無く操作にも慣れていないので、キーボードを操作する時は人差し指しか使えませんが・・・(笑)

PC

今回のブログは、そんなパソコンの廃棄方法についてのお話です。
長い間使用して不要になったり、部屋の奥や押入れなどにしまい込んでいるパソコンを、無料で引き取ってもらう方法についてお話しします。

実は購入時に処分代金を払っています

多くの方はパソコンを処分する際に、ネットで「パソコン 処分」等と検索し、不用品回収業者などに依頼して料金を支払い、処分する方が多いと思います。
しかしパソコンには本来、適切な処分方法があります。
手間はかかりますが、料金がかからずに処分する事が出来るのです。

実はパソコン購入時の料金には、使い終えたパソコンをメーカーが回収・再生資源化するための「回収再生資源化料金」というものが含まれています。
これは資源有効利用促進法に基づく施策で、2003年10月から開始されています。
購入時に処分するための料金を支払っているので、使い終えた時に新たに費用がかかることはないのです。

※資源有効利用促進法とは
資源が大量使用、大量廃棄されることを抑制し、リサイクルによる資源の有効活用を促進するための法律で、2000年に施行されました。
同年に企業などの事業所で廃棄されるパソコン、2003年からは家庭で廃棄されるパソコンの回収・再資源化がパソコンメーカーに義務づけられました。

risaikuruma-ku

2003年10月以降に発売され、上記のリサイクルマークが貼ってあるパソコンは、リサイクル料金を徴収済みなので、メーカーの窓口に電話をしてリサイクルを依頼します。
そして、パソコンを梱包して伝票を記入し、メーカーに送る手間はかかりますが、無料で処分が出来る大きなメリットがあります。

しかし、2003年10月以前に販売されたパソコンやこの施策を運営する「3R推進協会」に加盟していないメーカーのパソコンは対象外で別途料金となりますのでご注意ください。

お金がかからないその他の処分方法

他の方法としては、パソコン買取専門店に売却する方法があります。
一般のリサイクル店にパソコンを持ち込んでも、安く買い叩かれる可能性がありますので、様々な査定をしっかりおこない買取価格を提示してくれる専門店での売却がオススメです。
提示された価格に納得できれば、お店に買い取ってもらいます。

また、持ち込みの他に型番次第ではヤマト運輸などで着払いで配送しても無料で受け取ってもらえるお店もあるようです。
その場合は、事前に連絡が必要となる場合が多いようなので確認が必要です。

HDD

専門店では、ハードディスクに入っているデータなどもしっかり消去してくれるので安心です。
ただし、古すぎるパソコンや故障しているパソコンは、買取対象にならず有料引き取りとなったり、期待した価格で買い取ってもらえない場合もあります。

ご自身に合った処分方法を!

  • ・とにかく手間を惜しまれる方
  • ・何としてでも料金をかけたくない方
  • ・いいパソコンだから売れるはず!と思われる方

パソコンの廃棄処分は三者三様です。
お客様が苦にならず処分できる方法を選びましょう!

今回ご紹介させて頂いたパソコンの処分方法は以下の3つです。

その1 不用品回収業者に依頼し処分する
 →手間がかかりませんが、人件費などの手数料として料金がかかる場合があります。

その2 購入したメーカーに問い合わせ、無料で処分する
 →料金がかかりませんが、手間がかかります。

その3 パソコン買取り専門店で買い取ってもらう
 →売れる製品であれば買い取ってもらえますが、売れない製品であれば無駄足になってしまいます。

おまかせリサイクルの回収料金

弊社のパソコン回収料金は一体型パソコンやCRTモニターなど特殊なものは除きますが、ノートパソコンやデスクトップ本体、液晶モニターなどは全て無料です。
しかし、回収物がパソコンを含む無料回収品目の場合は、手数料として1,000円頂戴しています。
(何台あっても手数料は1,000円のみです)

 →料金について詳しくはこちらをご覧くださいパソコンの回収料金

1,000円の手数料は、1点2点のみのパソコンだと、お客様の立場に立つと正直少し勿体無い気がします。
ですので、弊社にパソコン回収をご依頼いただける際は、家電や家具などの不用品回収をご依頼されるタイミングで不要なパソコンもついでに回収依頼なさる事をオススメします。