こんばんは!
おまかせリサイクルの新井です。

お客様との会話の中で回収理由をお聞きする事がありますが、やはり1番多いのが引っ越しのタイミングです。
引っ越しの準備をしていると、処分するべきか持って行くべきか、とても迷ってしまう物ってありますよね。
オーブントースター、座椅子、布団、カーテン、扇風機、ハンガーラック・・・等々。

arai_01

  • ・あると便利だけどそれほど必要性はない
  • ・処分代がもったいないので捨てたくない
  • ・買い替えるかギリギリまで悩んでいる

こういった悩みをお持ちの方は、あなただけではございません!
同じ様なお悩みをお持ちのあなた!
弊社は、冷蔵庫と洗濯機の回収がメインですが、それ以外で処分依頼が多い不用品をランキング形式でご紹介させて頂きます。
この記事を参考に処分に踏み切るか判断して頂ければ幸いです。

「もう必要ない。処分しよう!」

そう決断した時から、あなたにとっては不用品になります。

おまかせリサイクルの不用品回収ランキングベスト3!

『第3位』 寝具
第3位は、マットレスや引き出し付きのベッド、折りたたみベッドなどの寝具です。

「新居への引越しのタイミングで買い替えたい。しかし粗大ゴミで処分する際に分解して、外の指定場所まで運び出せない。」
「寝具が壊れたり、古くなり処分したい。しかし自分で運び出す時間がない。」
という理由が大変多いです。
寝具は、リサイクルショップなどで買取が難しく、出来たとしても査定金額が低く、最終的に処分を考える方が多くいらしゃいます。

arai_02

寝具のみで依頼される方は少なく、冷蔵庫や洗濯機などと一緒に依頼される方が多いです。
もちろん、1点のみでも喜んで回収にお伺いいたします。

寝具は、潔く引っ越し先に持って行くか処分か決断しましょう!

『第2位』 小型家具
次に第2位は、3段ボックスやこたつ、TV台、本棚など、一人でも持ち運びできる小型の家具です。

「新品でも安価で購入出来る為、処分に踏み切った」
「経年劣化が酷いので買い替える」
「大きめの棚を購入したので、今まで使用していた物が不要になった」
などの理由が多いです。

arai_03

もちろん、各市町村の自治体で処分された方がお安いです。
しかし、手間を考えると軽トラック積み放題で一気に依頼される方が多くいます。

小型家具は、新居でお部屋の雰囲気に合わせて買い替えましょう!

『第1位』 小型家電
電子レンジや掃除機、DVDプレーヤー、ミニコンポなどの小型家電が堂々の第1位です。

やはり新品でも安価で購入出来る物を処分に踏み切る方が多いです。
「置いててもそんなに邪魔にならないので、引っ越すごとに量が増えていた。」
「同棲などで、同じものは2つもいらない。」
という方もいらっしゃいました。

【→おまかせリサイクルの小型家電回収についてはこちら小型家電の回収料金について

arai_04

あ!ドライヤー捨ててしまったんや・・・という事にならない様に勢いで処分しないようにお気を付けください。

小型家電の回収代金は、何点あっても1000円です。
正直、少量の場合だと少しもったいない気がします。

いかがでしたか?迷われている品目はございましたでしょうか?
少しでも断捨離のお力添えになれれば幸いです。

上記の他にも様々な処分依頼があります。
あなたにとっては処分品でも、他の人にとってはお宝になる事も!

処分する物によっては全体的な料金が安くなる!?

「冷蔵庫と洗濯機と電子レンジを処分して作業代金4000円かー・・・引っ越しで出費がかさむけど仕方ないか。」

そう思われた方!是非一度ご自宅の中を見回してみてください。

埃にまみれたギターやアンプ、音が鳴らないエフェクター。もう2度と使う事はないシンセサイザー。
押入れに居座っている大きなスピーカー。本棚を圧迫しているレコード。
音響製品は大変リユースしやすい製品です。
そのため買取対象になりやすいです。
(※製品にもよります。)

arai_04

買取させて頂き、作業代金から相殺する事も出来ます。
出費がかさむ時には、思わぬ手助けになるかもしれません。

「これはさすがに売れないだろう」

と思われる物でも一度お声かけください。
精一杯の査定をさせて頂きます。

最後に

処分を迷われる品目は、ある程度ですが偏ってきます。
お客様からその様な状況をお伺いした際には、それぞれのケースにお合いしたアドバイスを快くお答えさせて頂きます。
是非一度ご相談ください!
最後までお読み頂きありがとうございました。