こんばんは。
おまかせリサイクルの中村です。

12月中旬になり、もう間もなくすると年末年始の大掃除に取りかかる方もおられると思います。
掃除などをしていると、予想以上に不用品が出てくることがあります。
生活ごみは、ご自身で処分できると思いますが、問題になってくるのは、粗大ゴミの処分方法です。

不用品の処分方法は、過去のブログでも何度か投稿していますが、様々な方法があります。
その中でも、処分費用は高めですが、何かと便利なのが不用品回収業者に依頼をする方法です。

時間が無い方や手間をかけたく無い方には、非常にオススメできます。
しかし、処分したい物が大量にある場合は、どのぐらいの料金がかかるのか気になると思います。
回収料金は、業者によって異なるので、いくらかかるは一概に言えません。

基本的には、処分する不用品の種類に応じて料金が決まっており、大型で重量があるものほど回収料金は高くなる傾向にあります。
また、基本料金や出張料金の有無など業者によっても違いがあり、その他のオプションサービスによっても料金は変わってきます。
量が少なければそれほど高額にはなりませんが、大量の不用品を処分したい場合は、個々に処分費用がかかり、かなりの出費になってしまいます。

そこで便利なのが、トラック積み放題です。
文字通り【トラックの荷台が一杯になるまで積む事ができる】、非常にお得なプランだと思います。

【→軽トラック積み放題についてはこちらオススメです!1000円からの軽トラック積み放題

作業終了後のりょうじです!カメラを向けると少し意識してしまうようです。(笑)
作業終了後のりょうじです!カメラを向けると少し意識してしまうようです。(笑)

生野区にて、電化製品を軽トラック積み放題

先日、生野区にて軽トラック積み放題の案件へお伺いしてきました。
何か月も前から倉庫の中を放置していて、年内に片付けをするため、問い合わせをして頂きました。

お客様が借りている倉庫での作業でしたが、6畳ほどの倉庫内は不用品で埋め尽くされていました。
しかし、全ての回収すると、かなりの費用がかかってしまうため、電化製品のみを軽トラックに積み込む方法をご提案しました。
結果、電化製品のみで軽トラックがいっぱいになり、家具などの粗大ゴミは、自治体への処分依頼をオススメしました。
実際に、積み込んだ物を個々で回収するよりも、今回の積み放題の方が安く済む事ができました。

電化製品の軽トラック積み放題にて。倉庫内の写真が撮れなかったのが、残念です・・・
電化製品の軽トラック積み放題にて。倉庫内の写真が撮れなかったのが、残念です・・・

トラック積み放題とはどんなものか

簡単に言うと、不用品回収業者が掲げる【定額パック】の事です。
少しイメージがわきにくいと思いますが、似たサービスだとスーパーなどの【野菜詰め放題サービス】が良い例です。

袋に入る分なら料金は変わりませんので、パンパンになるまで、あるいはニンジンなどの頭がひょっこりと顔を出していても、お構いなしに詰め込む方もいると思います。
トラックも同様で、後ろにはみ出てしまうのは問題ですが、トラックの高さより少し出る分には問題ありません。
ですので、お客様が積みたい分だけ不用品を積む事ができます。
また軽トラックだと、あまり積めないと言うイメ-ジがあると思います。
しかし、上手く積み込めば、かなりの量を積み込む事ができます。
実際にお伺いした案件でも、お客様が予想している量より多く積み込んでいる事が多くあります。

♦トラック積み放題をお考えの方は

・まとめて一気に処分できる
・細々としたものを大量に処分したい
・処分費用をできるだけ抑えたい
・自分の手に負えないほど不用品を溜め込んでしまった
・小さなものでも自分で処分するのが負担な方

など様々です。

処分される物にもよりますが、実際に積み放題プランで依頼された方がお得になる事が多くあります。
しかし、このプランに申し込む前に注意しておくべきことがあります。
回収業者へ事前に処分するものが、どのぐらいあるのかを正確に伝えておくことです。
トラック1台で来てもらったのに、それでは収まりきらないほどの不用品があった場合は、また別途費用がかかることは確実です。
また弊社もそうですが、積み込む物によっては、トラック積み放題に適用されない物もありますので、問い合わせ時に確認してみて下さい。

引越しや大掃除などで多くの不用品が出る個人のお客様から、オフィスや店舗の移転・閉鎖に伴う不用品回収をご検討の法人様や事業者様まで、ご要望がございましたらお問い合わお待ちしています。