こんにちは。
おまかせリサイクルの中村です。


私が大阪に来て、もう間もなく2年が経とうとしています。
本当に時間が経つのは早く、あっという間です。

2016年2月29日深夜2時

長い間住み続けた、埼玉の故郷に別れを告げました。
私の荷物を軽トラックに目一杯積み込み、いざ大阪に向けて出発です。

約550キロ、走行時間は約9時間

不安と希望を抱きながら、かなり狭い車内の中、本当に長く感じました。
荷物はほぼ裸状態、道中は大型トラックに追い抜かれる度に、車が激しく揺れ、また雨や雪も降ってきました。

静岡を超え、名古屋を超え・・・
途中休憩挟みながら、ようやく大阪府に入る頃には、お昼をこえていた事を思い出します。

3月1日、ヘロヘロになりながらも、無事に大阪市へ到着したという達成感がありました。
そこから、大阪生活の幕が上がりました。

この2年間正直、辛いこともたくさんありました。
しかし、やりがいのある仕事に出会い、色々な事を学び、また最高な仲間に出会い、大阪に来て本当によかったと思います。
おかげで、今では日々の仕事が楽しく感じます。

2年前の写真です。この車で、埼玉から大阪へ無事到着することができました。
2年前の写真です。この車で、埼玉から大阪へ無事到着することができました。



では、本題に入りたいと思います。
私が大阪に引っ越して来た様に、もう間も無くすると、引っ越しシーズンの到来です。
この時期に入ると引っ越しに伴い、荷物の整理などをしていると、不要品が良く出てきます。

皆さんは、その不要品をどの様に処分されているのでしょうか?

粗大ゴミ処分方法は、様々あります。

1.ゴミ処理工場へ持ち込む
2.大阪市粗大ごみ収集センターに依頼する
3.不用品回収業者に依頼する
4.まだまだ使える物であれば、友達に譲る

【→粗大ゴミの処分方法について詳しくはこちら大阪市民の方必読!粗大ごみを賢くお得に処分する3つの方法

メリット、デメリットはありますが、ご自身にあった処分方法を選んでいただき、スッキリした気分で引っ越しをしましょう。

少しでも引っ越し料金を抑えるには

この時期は、入学、入社や転勤などが重なり、引っ越しの件数が増加します。
そのため、引越し屋同士の価格競争が低下し、引っ越し料金が跳ね上がる傾向にあります。
当たり前の事ですが、引っ越し日時、距離、量によって引っ越し料金は、かなり変わってきます。
日にちと距離を変更するのは、大変だと思います。
しかし、新居に運ぶ荷物を減らす事は、可能かもしれません。

私の過去の経験上ですが、急な引っ越しを除いて、ギリギリまで荷造りをされない方が多くいます。
やはり、ギリギリだと持っていく物と不要品の仕分けはできません。
結果、ほとんどの荷物を新居に運ぶ事になってしまいます。
ですので、前もっての仕分けが必要です。


一般ゴミに関しては、ご自身で処分してください。
本、雑誌、衣類、食器、フライパンや鍋などは、不用品回収業者でも回収は可能です。

そして、小物などの整理がついたら、次は家電製品や大型家具です。
家電製品の有無は、すぐに判断できると思います。


しかし、大型家具が悩みのタネです。
実は、新居に持っていくと様々な理由で、意外にも不要になってしまう事があります。

では、どのようにしたら良いのか・・・

1.壊れかけの家具をどうするかを判断する
2.新居の間取り沿って、家具の配置をあらかじめ考えておく
3.部屋の雰囲気に合わないものはないのか
4.明らかに設置したい部屋に、家具が入らない

などを考えるだけで、処分の有無がなんとなく判断できるかもしれません。
もし、判断が難しい場合は、引越し屋さんの営業マンに聞くのも1つの方法かもしれません。

この様に、余裕をもって荷造りをする事によって、できるだけ早く不要な物の判断ができると思います。
結果、新居に持っていく荷物が減り、引っ越し料金を減らす事ができるかもしれません。

注意してほしいポイント
不要品のチェックは、引っ越し料金の見積もりをしてもらう前にしておいて下さい。
なぜなら、引っ越し日ギリギリになって、多少の荷物が減っていても、料金が安くならない可能性があるからです。
また、小物類もある程度、処分しておいた方が良いかもしれまん。

最後に

引越し屋さんと同様、不用品回収業者も忙しくなってきます。

大まかに2月中旬から件数が、かなり膨れ上がる傾向にあります。
ですので、早めの予約が必要になってきます。

中には、1ヶ月以上前から回収予約をされる方もいます。
もちろん、急なお客様もおられます。

弊社の場合は、基本的には9時〜15時が回収時間のメインになってきます。
ですので、この時期の急なお客様に関しては、6時〜8時か18時以降の回収をお伝えする場合があります。

この時期は、お客様からの問い合わせが、大変混み合い、電話が繋がらない事が多くあります。
ですので、そんな時は問い合わせホームへ、直接見積もり依頼や回収依頼をして頂く事をオススメします。
万が一、その日時が予約でいっぱいの場合は、こちらから連絡します。
日にちや時間に関して、ご不明な点がございましたら、些細な事でも構いませんので、弊社まで問い合わせてみて下さい。