こんばんは。
おまかせリサイクルの中村です。

弊社では、家電製品や家具など様々な不用品の回収作業にあたっています。
特に私が最近気にしている事の一つして、リサイクルやリユースについてです。
弊社が回収した物は、再資源化(リサイクル)ではなく、再使用(リユース)できる商品が数多くあります。

家電製品に関しては、製造年式が新しく、商品としての不備が無いかを確認し、また家具に関しても、大きな破損や劣化具合などを判断しています。
リユースできる商品は、一度弊社の倉庫に持ち込まれ、動作確認、清掃やリペアなどの作業をおこないます。
その後、提携しているリサイクルショップへと持ち込まれます。

omakaseteburu

今回は、リユースについてご紹介していきたいと思います。

リユースとは

リユース【reuse】とは
「繰り返し使う」「再使用する」といった意味で、限りある資源を大切に使い、廃棄物を減らすことで自然環境への負担を抑えるための取り組みのひとつです。
また、循環型社会を形成するために、近年その重要性が高まっています。
そういう意味でもリユースが重要であることは、間違いないと思います。

循環型社会(じゅんかんがたしゃかい)とは
有限である資源を効率的に利用するとともに再生産を行って、持続可能な形で循環させながら利用していく社会のこと。
Wikipediaより

jyunnkannsyakai

リユースするための3つの方法

まず、リユースと言われて最初に思いつく事は、身近で「欲しい」という人を探して、その人に譲ることだと思います。
そうした人がすぐに見つからない場合は、「欲しい」という人が集まる店やイベントを利用してみるのはいかがでしょうか。

リユース品は、新品と比べ下に見られてしまう事が多いです。
アンティークということで価値が上がる事もありますが、一般的には価値は低く見られる事の方が多いようです。
「他人が一度使っている」「古めかしい」といったマイナスのイメージが、どうしても付きまとってしまいます。


♦︎主なリユース方法


1.リサイクルショップを利用する

「リサイクルショップ」は、古物営業法にもとづいて中古品などの買取・販売を行う事業者(古物商)です。
買取は、店頭での買取の他に、自宅への出張買取、宅配買取など様々な形態があります。
また、買い取った中古品の販売は、店頭販売やインターネット販売などをおこなっています。

買取査定の際、ご自身が思っている以上に売値が安い事がありますが、どこのリサイクルショップも然程変わらない事が多いです。
近くの店舗やインターネットなどで、何社か相見積もりするのも良い方法だと思います。
また種類によっては、その商品に特化した店舗もありますので、そちらに査定してみると、その物の価値がより判断してもらえて、高値で売れる可能性があります。


2.インターネットオークションを利用する

オークションサイトや携帯アプリなどを通じて、個人間で取引する方法です。
出品者が、出品物の写真や簡単な説明、最低入札価格などをオークションサイト上で公開し、それを見て購入を希望する人が値を付けます。

購入希望者が多いほど、入札価格が上がることがあり、高額で売る事ができます。
落札されたら、出品者と落札者で発送方法や支払方法などを確認し、品物の発送や支払がおこわれます。

インターネットオークションには、世界各国からもアクセスできる物もあります。
そのため、ごく少数の人しか欲しがらないような物でも、買い手がみつかることがありますし、場合によってはリサイクルショップの買取額より高値で売れることがあります。


3.フリーマーケットなどを利用する

フリーマーケット(フリマ)は、イベントとして公園などの公共施設で開かれることが多く、お店を出して売りたい物を並べ、買い手を見つける方法です。
また、公園や広場で開催されるだけでなく、インターネット上で開催される「ネットフリマ」も登場しています。

代表的なリユース方法を3つご紹介しました。
その他にも、色々と方法はあると思います。
どのようにリユースをするかは、ご自身にあった方法で取り組んでみてください。

次回のおまかせブログ・・・

次回、中村のおまかせブログは、【不用品回収依頼からの家具リユース】です。

・普段回収したリユース家具は、どのような物があるのか・・・
・綺麗な家具の運搬方法とは・・・
・リサイクルショップに並ぶ家具・・・
などについてご紹介していきたいと思います。
kaguriyuusu