梅雨入りしてジメジメする時期に入りましたが…
そんな中でもスッキリ爽やか!
おまかせリサイクル中村です。

今回の案件は、一戸建てはもちろん、アパートやマンションでも起こりえる作業の1つ、大型家電や大型家具の吊り下げ作業についてです。

吊り下げ作業とは

その名の通り、回収品をロープでくくり、ベランダなどから吊り下げて外に下ろす作業です。
(逆に品物を家の中に入れることは「吊り上げ」、二つを総称して「吊り作業」といいます)
主に、回収品が廊下や階段を通らない場合に吊り下げ作業となってしまいます。
また、ギリギリ通りそうでも、お客様の家を傷付けてしまう可能性がある場合にも行います。
どちらの場合も、お客様のご自宅に直接お伺いしないとわからない事が多いです。

吊り下げ作業と言っても様々な方法があり、
1.ベランダからの吊り下げ。
2.窓からの吊り下げ。
3.屋根瓦の上からの吊り下げ。
4.2階ではなく、3階からの吊り下げ。
基本的にはこの4作業になり、各作業によって方法や注意点が異なります。
また、吊り下げる物も、タンス、食器棚、学習机、食卓テーブル、ソファーといった大型家具や、
中には、冷蔵庫、洗濯機といった大型家電もあります。
私が過去に経験した中には、業務用ミシン、ピアノや金庫などがありましたが、このような特殊作業はかなり危険で、
私自身の安全も注意しながらの作業になりますので、本当に大変だった記憶があります。

今回の吊り作業

今回は東淀川区にて、上記1の作業で、3枚扉の洋服ダンスと整理ダンスを、2階のベランダから搬出です。
洋服ダンスは、ネジを取って解体する事が可能で、4パーツに分ける事ができました。
柵や外壁を傷つけないように厚い毛布をかけ、
2階ベランダ側に2名、1階道路側に1名で行い、タンス2台とも無事搬出できました。
お客様にも喜んでいただけたので良かったです。

 →この地区のブログ東淀川区での不用品回収

不要な大型家具や大型家電でお困りの方は、おまかせリサイクルへご依頼ご相談お待ちしています。