おまかせリサイクルにはご依頼のお問い合わせだけではなく、不用品の処分方法についてのご相談もいただきます。そのようなご相談をいただいた場合、お客様にとって弊社よりもお得な処分方法がある場合はそちらをアドバイスさせていただいております。そのケースに当てはまる最も多いご依頼が「家具や寝具などの粗大ゴミ」です。

そこで、今回は知っておいて損はない、粗大ごみ処分3つの方法とその違いを比較しご説明したいと思います。

粗大ゴミ処分にお困りではありませんか?

引越し、片付け、移転、買い替え…などなど。
そんな時につきまとう問題が、古い家電や家具などの粗大ごみの処理です。

  • 「処分料が高い」
  • 「自力では指定場所まで運べない」
  • 「収集日が指定できなくて都合が合わない」
  • 「回収業者ってちょっと不安」

大阪市にお住まいの皆さんは、これらのお悩みをかかえたことはありませんか?

粗大ごみ処分3つの方法

粗大ゴミ処分の方法は大きく分けて3つあります。

どれも一長一短あり、「希望の時間」に「安く」て「便利」というのは難しいですがメリットとデメリットを比較し、私の(個人的な)オススメの処分方法をご説明します。
分かりやすいように、表を作成しました。
処分料金、処分に関する手間、処分にかかる時間を◎、○、△、×の四段階でご紹介します。

方法1  一番安い!自分でごみ処理場に持ち込む

料金
手間 ×
時間

ご自身で運搬可能な方限定となりますが、この方法が一番安い処分方法です。処分する不用品の数が多ければ多いほどおすすめです。

大阪市の場合、1kgあたり9円という計算になっており、入り口で車ごと重量を計量、施設内でゴミを下ろし出口で再度車の重量を計量、その差分で処分費が決まる仕組みです。
下記の通り、時間も比較的自由に選べます。

<予約受付曜日、時間>
祝日と年始を除く月曜日~金曜日の9~12時、13~17時

<受入曜日、時間>
火水木金の9~11時、13~15時(家庭系ゴミの場合)

処分例)横1.5m縦1.8mの40kgのタンスの処分
施設へ持ち込む場合40×9円=360円(要解体)
業者へ依頼する場合3~5000円前後(解体不用)

※ご注意!
リサイクル家電(特定家庭用機器廃棄物)は処分できません。そのため、テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機、パソコンは指定のリサイクル券を購入し適切に処分する必要があります。

メリット

  • ・1kg9円という計算でとにかく安いです
  • ・時間も比較的自由に選べます

デメリット

  • ・車など持ち運び手段が必要です
  • ・最大辺が1mを超えるもの等は舞洲工場まで行く必要があります
    (あらかじめ1m以内に潰しておけば受け取ってもらえます)
  • ・受け入れてくれない品目があります
    (雑誌や段ボールなどの資源化可能な紙類やエアコン、テレビなどのリサイクル家電)

流れ

STEP1)予約
前日までに担当処理施設に電話予約します。品目を伝え、持ち込み可能か聞いておくと安心です。かなり細かく品目がわかれていますので、品目を聞かずに持ち込むと受け取ってもらえないものが出る場合があります。

STEP2)運搬
指定日に該当施設まで運びます。

STEP3)清算
料金を支払って完了です。

時間に余裕があり、自分で運べるのであれば受け取ってもらえる品目(家具類等)はオススメです。1kgあたり9円で引き取ってもらえる安さは非常に魅力的です。

方法2 一番安心!市などの自治体による粗大ゴミ収集日に出す

料金
手間
時間 ×

全てが有料ですが、料金が明解です。指定場所までゴミを運ばないといけません。

大阪市粗大ごみ収集受付センターに申し込み後、金額分の手数料券を購入します。
手数料券の購入は、「粗大ごみ処理手数料券取扱店」の表示がある大阪市内のコンビニやスーパー、郵便局等で販売しています。
手数料券はシールになっているので、ゴミに貼り付け、指定日に指定場所へ出します。

※ご注意!
この方法でも、リサイクル家電(特定家庭用機器廃棄物)は収集してくれません。また、バイク・バッテリー・ガスボンベ・消火器・シンナー・ガソリンなどの危険なものや、処理が困難なもの、事業系ゴミ、建材廃棄物なども収集してくれません。

メリット

  • ・料金が明解です。
  • ・木製家具などは料金が安いです。
  • ・先払いなので安心です。

デメリット

  • ・家電は料金が高いです。
    (民間企業委託が全区で拡がっていますが、料金は変わりません)
  • ・指定日に指定場所まで運ばなければなりません。
  • ・申し込みから最短で4日後以降の収集となりますので、日にちがかかります。

流れ

STEP1)受付

大阪市粗大ごみ収集センターへ受付のお電話をします。その際にサイズなどを伝え、料金を聞いておくとスムーズです。

STEP2)支払い
品目に応じた金額の手数料券を購入します。

STEP3)運搬
粗大ごみに貼り付け、指定日に指定場所まで出します。手数料券は一度貼ると剥がすことができないので注意が必要です。

完全先払いなので、安心感があります。収集に立ち会わなくても良いので、お忙しい方には特にオススメです。

方法3 一番オススメ!買取もしてくれる不用品回収業者に依頼

料金
手間
時間

高級家具など買取可能なものは買取、買取不可なものは処分することで、かかる費用をできるだけ安くできます!
有料無料はありますが、品目を気にせず依頼することができます。

見積もり依頼をし、金額を確認してから都合の合う日に回収依頼をする仕組みです。
依頼する業者の営業時間内なら日時は自由に指定できます。
(電話口で品目を伝え、大体の金額を聞き、見積もりなしで直接回収に来てもらう事もできます)

※ご注意!

  • 見積もり依頼をしたら強引に契約された
  • 電話口では目安の金額を教えてくれない
  • 家から外に荷物を運び出してから高額な請求をされた
  • 「見積もりより量が増えた」などの理由で予告なく割り増し料金になる

などの業者とのトラブルが稀にあるようです。信頼できる業者を選ばなければいけません。

メリット

  • ・無料、もしくは格安の料金体制をしている業者が多いです。
  • ・面倒な手続きが不要の上、運び出してくれるので手間がかかりません。
  • ・市では粗大ごみとみなされないものも引き取ってくれます。
  • ・回収日時をこちらの都合で指定できるので、忙しい方でも安心です。

デメリット

  • ・品目によっては、他の方法に比べ料金が高いです。
    (タンスや食器棚などの家具で、ブランド家具ではなく量販家具に多いです)
  • ・見積もり日と回収日が必要ですので、即日すぐには難しい場合があります。
    (業者によっては可能です)

流れ

STEP1)お見積もり
不用品回収業者に連絡をし、お見積もりにきてもらいます。その際、電話口で大体の金額を聞いてみると安心です。
優良な業者は丁寧に教えてくれます。また、複数の業者に見積もり依頼をして比較するのも良いかもしれません。

STEP2)回収
回収日時を決め、回収にきてもらいます。

STEP3)清算
運び出してもらってから、最後に料金を支払って完了です。

餅は餅屋と云われるように、やはり専門の業者に任せるのが一番オススメです。品目を気にする必要がないですし、金額も安く済みます。
おまかせリサイクルでは、搬出や手数料等全て込みのポッキリ価格でわかりやすくご好評いただいています。

 →粗大ごみについて詳しくはこちらをご覧ください大阪での粗大ごみ回収料金について

まとめ

持ち込み 市に依頼 業者に依頼
料金
手間 ×
時間 ×

大阪で粗大ゴミを処分する方法は大きく分けて

  • ゴミ処理施設へ持ち込む
  • 大阪市の粗大ごみ収集センターに受付する
  • 不用品回収業者に依頼する

以上の3つです。

手間と料金を考慮した状況別の粗大ゴミ処分オススメ方法は、以下の通りです。

・車を用意でき、労働力と時間がある場合
→処理施設へ持ち込みがオススメです。
・処分品は木製家具のみで、収集場所まで移動させることができる場合
→粗大ゴミ収集センターへの受付がオススメです。
・上記2点に該当しない場合
→不用品回収業者に依頼することがオススメです。

日時のご都合や料金を比較して、自分に合った方法を選びましょう!

おまかせリサイクルの粗大ごみ回収対応エリア

【大阪府下の市町村】大阪市全域(都島区・福島区・此花区・西区・港区・大正区・天王寺区・浪速区・西淀川区・東淀川区・東成区・生野区・旭区・城東区・阿倍野区・住吉区・東住吉区・西成区・淀川区・鶴見区・住之江区・平野区・北区・中央区)・堺市・豊中市・吹田市・枚方市・松原市・東大阪市

【大阪府下の市町村】岸和田市・池田市・泉大津市・高槻市・貝塚市・守口市・茨木市・八尾市・泉佐野市・富田林市・寝屋川市・河内長野市・大東市・和泉市・箕面市・柏原市・羽曳野市・門真市・摂津市・高石市・藤井寺市・泉南市・四條畷市・交野市・大阪狭山市・阪南市・島本町・豊能町・能勢町・忠岡町・熊取町・田尻町・岬町・太子町・河南町・千早赤阪村・【兵庫県】尼崎市・神戸市など一部対応

※上記「要確認エリア」は、状況によりお伺いが困難な場合がございます。ぜひ一度お問い合わせください。