こんばんは。
おまかせリサイクルの中村です。
最近、不用品回収が早く終わった後には、スタッフの新井とラーメンを食べに行くことが多いです。
私は埼玉出身なのですが、大阪は埼玉に比べると、味噌ラーメン店が少ない事に驚いています。
大阪でもお気に入りの味噌ラーメン店を見つけるべく、これからも探し続けて行きたいと思います。

当日依頼、即日対応承ります

先月までの繁忙期(2月〜4月)では、事前にご予約を頂いたお客様のご依頼で、1日の予定がパンパンに詰まっておりました。
お急ぎのお客様には大変申し訳なかったのですが、当日依頼の即日対応をお断りさせて頂いた事もある程でした。
しかし、繁忙期が終わりご依頼も落ち着いてきたので、当日依頼も即日に対応させて頂いております。
平日で少なくても5、6件は即日対応させていただいております。
今回は、そんな当日依頼の中でも、貸し倉庫内の不用品片付けにお伺いしたご依頼についてお話しします。

 →他の当日依頼のブログはこちらをご覧ください不用品回収の当日依頼・当日追加・即日対応

コンテナや倉庫は、見た目以上に量が多い事もあります

soko1

上記の写真をご覧ください。
全て空にするとして、不用品の量は一体どのくらいの量だと感じるでしょうか?

「軽トラックで1台分?」
「2トントラックだと、スペースがかなり余るのでは?」
「いや、見た目より意外と多いのでは?」

など、それぞれ見え方が異なると思われます。
お客様は、自宅から倉庫などの広い場所に物を動かした際に、量が少なく見えた事はありませんか?

同じ物でも収納スペースが広くなれば、見え方が変わってきます。
1ヶ所に固めて置いてあれば、実際の量が判断しやすいと思います。
また、普段から見慣れている物だと、散らばって置いてあっても判断しやすい場合もあると思います。

大阪市内で不用品回収

普段の回収は、新井と二人一組で行動する事が多く、この日も二人一組で行動していました。
午前中は、朝9時から大阪市内で4件ほどの不用品回収で終了予定でした。
午前最後の回収が終わろうとしていた時、タイミングを見計らったように新井の携帯に1本の電話が入りました。

東大阪市で、倉庫内の片付けが入ったから行ってくれぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!

お電話から2時間後に東大阪市へ到着

社長からの元気を分け与えるかのような電話を終えた時点で、時間は午前11時です。
午後の予定を一部他のスタッフに引き継ぎ、当日の片付け依頼に対応します。
トラックに積んでいる回収品を急いで降ろしに行き、荷台を空にして東大阪に向けて出発しました。

午後1時に、お客様と現地倉庫にて集合しました。
お問い合わせから約2時間でお伺いできた事に、お客様は驚かれており
「当日に連絡して、こんなに早く来てくれて助かります!」
という嬉しいお言葉を頂きました。

倉庫の大きさは、高さ約2m半で広さは約8畳ぐらいです。
いざシャッターを開けてみると…

soko2
※文頭の写真を、別角度から撮影したものです。

軽トラック積み放題にも限界がある!?

お客様は当初、軽トラック積み放題対応をご希望だったそうです。
しかし、お客様の想定よりも多くの不用品量があり、軽トラックだと倉庫にある不用品の半分も積み込むことができません。

文頭の答えともなる、今回実際に積み込んだ量は2トントラック約1台分です。
倉庫内にある不用品は、

  • 木材
  • 大工道具類
  • ブロック
  • ダンボール
  • 小型家電
  • 自転車
  • 肥料
  • スプレー缶
  • 液体類

などです。

片付け作業の場合、状況によっては倉庫や部屋内を空にしなくてはいけません。
空にするには、作業の時間とトラックの台数、そしてスタッフの人数が必要です。
そのため、本来であれば2トン車約1台分の作業料金は目安として5~8万円程かかってしまいます。
(依頼内容によっては、上記料金を下回る場合も超えてしまう場合もあります)

しかし今回は、ダンボールや小型家電などが多く、作業時間も短縮できそうだったので、料金は3万7千円のみ頂戴いたしました。
料金にご納得いただき、片付け作業スタートです。
倉庫の目の前にトラックを停める事が出来たので、作業時間は30分程でした。

soko4

最後に、掃き掃除もさせていただき全て完了です。
また、今回は回収品を持ち込む場所が違うため、分別しながら2台に分けて積み込みました。

soko5

2トントラックには、木材や小型家電を積みます。

soko6

軽トラックはダンボールとブロックがメインです。

回収できない物

おまかせリサイクルでは、回収品はリサイクル・リユース目的でお引き取りしております。
そのため、再利用できないものなどはお引き取りできません
(木材やコンクリートブロックなどは建築廃材となり、産業廃棄物処理となりますので回収可能です。)
今回のご依頼では、

soko8

土や肥料などの廃棄物と、

soko7

スプレー缶やペンキなどの液体類が回収できない品目でした。
そのため、今回はご自身で廃棄していただきました。
その他、お引き取りできない品目についてはお気軽にお問い合わせください。