INDEX
  1. 買い替え時の注意すべきポイント
  2. 安易に処分してしまって損してませんか?

こんにちは!
おまかせリサイクルのリョウジです!
予期せぬタイミングでやってくる家電達の昇天(故障)。
不意に訪れる新製品への欲求。

あれ?どないしたんやろ?冷蔵庫冷えへんようになってる気ぃするんやけど・・・
うせやぁぁぁーーーん!冷凍食品溶けてきてるやん‼
ちょっ待ってぇ?洗濯機も脱水できてへんやん、ほんで水溜まってもーてるやん・・・
・・・まあ、最近新しいのん買ぉー思てたしちょうどええわ!

冷蔵庫・洗濯機が2台同時に昇天(故障)することは考えにくいですね・・・
『家電を思い切って買い替えてしまおう!』というのも人生でそう少なくはありませんよね。
購入時の注意点と処分時のお得かもしれない点をこれからご説明します。
そこで今回は電化製品の買い替え時の注意点と、不要になった物のお得な処分方法について、おまかせリサイクルで日々リサイクルに励んでおります私が独自の観点でお話しさせていただきます。

買い替え時の注意すべきポイント

まず、冷蔵庫・洗濯機の故障が原因で処分される以外に、引越しや買い替えなどの理由で処分をお考えの方、故障しておらず製造年式が3年以内の物は、弊社にて買取させていただきます。
簡単に処分をしてしまうのではなく、一度ご相談ください。

【→冷蔵庫・洗濯機の買取金額について詳しくはこちら大阪市内限定!冷蔵庫・洗濯機の買取強化中

・冷蔵庫編
シロモノ家電の王様とも言われる冷蔵庫。
40ℓ前後でサイコロタイプの小さいものから、400ℓ以上で見上げるほど大きいファミリータイプまで様々ですが、まさに注意ポイントは大きさです。
当然ですが、実際に冷蔵庫を置く場所より冷蔵庫の方が大きいと入りません。
単身用冷蔵庫であれば、大体の場所に収まります。

【ファミリータイプの場合に注意すべきポイント】
・玄関からキッチンまでの動線(廊下幅)
冷蔵庫置き場の幅が大丈夫であっても、キッチンまでの扉や廊下の曲がり角などの幅が狭いと、その場所までたどり着けない場合があります。
・一軒家でキッチンが2階にある場合
階段の幅や手すり、高さと注意点が多くあり、1つでもクリアしていないと2階までたどり着けません。
その場合、冷蔵庫の吊り上げるためのユニック車などが必要となり、余計な費用がかかってしまいます。

その他にも、扉が右開きか左開きかどうかも重要ポイントです。
冷蔵庫を右寄せに置くか、左寄せに置くかで開閉のしやすさが全然違います。
中には両開きタイプの冷蔵庫もありますのでご確認ください。

冷蔵庫と壁との隙間は、この様に10cm前後あけましょう

冷蔵庫と壁との隙間は、この様に10cm前後あけましょう

設置場所より横幅は10cm〜15cmくらい小さめの冷蔵庫は、扉の開閉もしやすいですね。
また隙間をあける事によって、掃除がしやすかったり、物が落ちても拾いやすいなどの利点もあります。

・洗濯機編
洗濯機も冷蔵庫と同じく設置場所に置けるかどうか、設置して扉の動作が自由にできるスペースがあるかなどが、最重要項目になると思います。
特に、ワンルーム等の一人暮らし部屋は、設置スペースが狭くなっていることが多いので、事前に確認しておきましょう。
また、洗濯機をベランダなどの外置き設置の場合は、置く位置の寸法も確認してください。
その他、ベランダは基本的に水などが流れやすい様に傾斜があります。
そのことによって、洗濯機内のドラムの傾きが原因で故障しやすい場合はあります。
洗濯機の足にブロックなどをひいたりして水平することをオススメします。

ドラム式洗濯乾燥機を置くと、この様に存在感バツグンです

ドラム式洗濯乾燥機を置くと、この様に存在感バツグンです

【ドラム式洗濯乾燥機の買い替え時に注意すべきポイント】
・玄関から洗濯機置き場までの動線(廊下幅)
冷蔵庫の時のそうでしたが、洗濯機置き場までの扉や廊下の曲がり角などの幅が狭いと、その場所までたどり着けない場合があります。
・洗濯機パンの幅と奥行き
一般タイプの縦型洗濯機は問題なく置けても、ドラム式洗濯乾燥機は予想以上に大きいため、洗濯機パンからはみ出る場合があります。
・蛇口の位置、または備え付けの棚が付いている
高さも予想以上に高く、蛇口や棚などにぶつかってしまい設置できない場合があります。

・テレビ編
地デジ化完了から早6年、今やほとんどのお宅が薄型テレビになりました。
一昔前までは1インチ1万円と言われておりましたが、最近では安いものだと30インチで3万円くらいで購入できます。
メーカーにこだわらなければもっと安いのもあるようですね。
さらにお得に選ぶなら展示品処分を狙いましょう!
展示品とは・・・家電量販店などで店頭に並んでいる見本品のことです。2〜3割ほど安いそうで中には半額以上になることも!お得ですね。

ここで【注意ポイント】です。

展示品はほとんどの場合が、実際に電源を入れ映像を流しています。
なのでその分寿命が少し短くなるかもしれません。
仮に展示期間が3ヶ月だったら約1,000時間消費していることになります。
本体寿命がおよそ60,000時間くらいらしいので・・・個人的にあんまり気にするほどのことでもないのかな?と思います。

安易に処分してしまって損してませんか?

処分をお考えのその電化製品、まだ新しかったりしませんか?
また、他に処分したいものはありませんか?

家電量販店や街の電気屋さんで購入した際は、商品配送時にそのまま配送業者が、引き取ってくれる場合があります。
流れ的には楽な方法だと思いますが、ちょっと待ってください!
料金を支払って処分してしまうのは、とても勿体無い気がします。
弊社では、買取強化中ですよ。
試しに問い合わせしてみるのは、いかがでしょうか?
また、配送業者さんは、購入した商品と同じ製品、同じ個数しか持っていってくれません。
そして、もし他に処分したい物がある場合は、追加料金が発生してします事もあるようです。

おまかせリサイクルではその「ついで」の小型家電なら、無料サービスで回収させていただいております!
買い替えの際も、お得で便利なおまかせリサイクルをどうぞご利用ください!